情報工学

【情報工学基礎】指で数える2進数の覚え方、初心者向け、わかりやすく説明

【情報工学基礎】指で数える2進数の覚え方、初心者向け、わかりやすく説明

情報技術の基本の1つである「2進数」、他記事
【情報工学基礎】ビットとは?初心者向け、わかりやすく説明
で記した通り、ビットを意識するにあたって、最低限の2進数の暗記をおすすめします。

桁上げ

みじかな10進数、ご存じのように、これは10で桁があがりますが、
2進数では2で桁が上がり、なお、「0」と「1」だけで数値を表現します。

 

2進数の意識

2進数の1000は、千(セン)ではありません。1「イチ」・0「ゼロ」・0「ゼロ」・0「ゼロ」と呼びます。

2進数になれるまで、0は「ゼロ」、1は「イチ」と声を出し(心の中でも)意識して、

10
「イチ・ゼロ」!

1101
「イチ・イチ・ゼロ・イチ」! と頑張りましょう。

 

指で数える2進数

右手を準備下さい。

右手の甲

① 右手を広げ、手の甲を見ます。
② 各指が立っていますよね、指が立っている=「0」とします。
③ 各指とビット列の対応
薬指:4ビット目 中指:3ビット目 人差し指:1ビット目 親指:0ビット目
④ この状態が初期値 各指:立状態 つまり 0 = 「0000」 から スタートです。



全ての指が開   = 「0000」

 



親指のみ 折    = 「0001」

次、位が上がります

 



人差し指 折
親指   立    = 「0010」

 



人差し指 折
親指   折    = 「0011」

次、位が上がります



中指   折
人差し指 立
親指   立    = 「0100」

 



中指   折
人差し指 立
親指   折    = 「0101」



中指   折
人差し指 折
親指   立    = 「0110」

 



中指   折
人差し指 折
親指   折    = 「0111」

次、位が上がります



薬指   折
中指   立
人差し指 立
親指   立    = 「1000」



薬指   折
中指   立
人差し指 立
親指   折    = 「1001」



薬指   折
中指   立
人差し指 折
親指   立    = 「1010」

この法則で数え続け 「A、B、C、・・・E」



薬指   折
中指   折
人差し指 折
親指   折   = 「1111」

一連の指の動きに対応させて、ビットを割当て表現します。

ビット指数え表

上記の流れを一連に記します。

2進(ビット)指数え表

まとめ

いかがでしたか、指折を利用した2進数(4ビット列)の暗記方法をご紹介させていただきました。

なお、逆に2進から16進(10進)へ  パッ! 0011⇒3(3)、1000⇒8(8)・・・1110⇒E(14)など、頭の中で思い描かれるまで記憶してしまいましょう。