web

ドメインの過去・歴史を調べる方法

これから独自ドメインを取得される方は、ドメインの検証に、
既に運用されている方は、ドメインの歴史を振り返る方法として、ご紹介いたします。

その前に、ドメインのおさらいから

ドメインとは

Web上のURL、つまり、インターネット上のホームページアドレスのこと。
ドメイン名は同じものが存在せず、世界に一つしかありません。(オンリーワン)

ドメインの定義

ドメインには、用途や意味があり、取得できる条件があります。

世界共通で利用される一般トップレベルドメイン(gTLD)

[ Generic Top Level Domain : gTLD ]

「.com」や「.net」など世界のどこからでも取得可能なドメインで、個人や企業でも複数取得することができ、すぐに取得できることが特徴です。

 

国や地域で割り当てた国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)

[ Country Code Top-Level Domain : ccTLD ]

「.jp」日本 「.us」アメリカ など国や地域を表したドメイン

「.jp」ドメイン

  • 汎用JPドメイン

日本国内に住所を持つ組織・団体が取得可能です。(個人でも取得可能だが、申請、管理費等割等のため一般的ではない)

  • 属性型JPドメイン

「.xx.jp」、xx機関や組織を表したドメイン
co.jp 会社 or.jp法人 ne.jp通信会社 ac.jp教育法人 その他

  • その他、都道府県型JPドメイン、地域型jpドメイン

「yy.zz.jp」 など

一般的なドメインの使われ方

法人サイトの運営

「.co.jp」「.ne.jp」 国内の法人や組織しか取得できないことから(取得のハードルが高く)、その定義により信頼性は高い。

個人サイトの運営

  • 「.jp」ドメイン

維持費、管理費の費用が割高、会員制などユーザ対応等

  • その他ドメイン

「.com」「.net」など一般的で取得が容易、管理費も安く、また古くから使われ違和感がない。(以前に使用されていたていたドメインと重なる可能性が高い(中古ドメイン))

独自ドメイン

独自ドメインとは、上記規定に基づき、独自に申請し取得されたドメインことです。
年間の更新費用を支払っている限り、取得した人が継続して利用することができます。
つまり、ドメインを取得している人がサイトのオーナーとなります。

また仮に、契約されているホームページのレンタルサーバー会社が廃止になったとしても、他のサーバー会社に移行(バックアップファイルをアップロード)し、ドメインも再設定することにより、また同じように運営することができます。

中古ドメイン

中古ドメインとは、過去にそのドメインを他の方が取得していた(使用していた)ドメインを言います。
過去の運用方法によって、良くも悪くも、実績がどこかに蓄積されている場合もあり、その認識を受け止めることが必要です。

 

ドメインの過去・歴史の調べ方

 

Whois

ドメインの登録者を検索できる開示システム

https://tool-taro.com/whois/

  • 登録者名、登録者住所、登録年月日、担当者名等が開示されます
  • 昔はここへ登録された個人情報がひとつのステータスでしたが、今はその個人情報の考え方の観点から取得会社名での登録が一般的です。(登録代行依頼時に、この確認の注意が必要です)

 

ドメイン年齢

ドメインの登録期間が表示されます

https://www.domeinage.jp

  • SEO対策のひとつで、登録されてからの期間(歴史)が需要と定義されているとの情報もあります

 

Internet Archive : Wayback Machine

過去のWebサイト(ホームページ)の内容を一部閲覧することができる。

https://archive.org/web/

  • 保存化された情報は、収録された時期(不定期)、タイミングによって未収録の状態である場合もあります。

 

  • 自分で運用のドメインの場合

過去の一部を閲覧できた場合、サイトの歴史として、懐かしくも感じます。

  • これからこのドメインを取得の場合

このドメインは、過去、このコンテンツが存在していたと、その事実を受け止めることが必要です。

aguse.jp

ブラックリスト一覧に載っているか調べることができます。

https://www.aguse.jp/

  • その他の情報で「ブラックリスト判定結果」が全て「○ SAFE」の場合、ブラックリストに載っていないとの指標です。

 

Trend Micro Site Safety Center

トレンドマイクロ社によるwebサイトの安全性の評価の結果を確認できます。

https://global.sitesafety.trendmicro.com/

  • 「安全」と表示されれば安全性が確認されます。

 

まとめ
  • 既にドメイン運用されている方へ

ドメインの過去・歴史を振り返り、当時の懐かしさとも考えながら、今後のセキュリティーアップまた、品質の向上への指標と思われましたら幸いです。

 

  • これから独自ドメインを取得される方へ

運用履歴等を検証し、中古ドメインの可能性がある場合、そのドメイン運用当時、なにかの問題が、未解決のまま登録されて、トラブルのリスクを将来まで引きずる可能性も考えられます。また、SEO的にも難ありとの情報が構築されている可能性もあります。
別のドメインで、新規の取得をオススメします。